セッションの進行

予約を取って頂いた際に、必要な情報をお願いする事となります。可能な限りのものでご無理のない程度に調べていただくのがよいと思います。

必要な情報

  • 生年月日と生誕時刻および生誕地〔可能な限り〕
  • 経済的自立の時期 (年と月)、象徴的に生誕した両親からの経済的あるいは地理的な自立をした、と感じられる時期
  • ご自身の生前18ヶ月、および出産にまつわる状況    → 詳しくはこちら

初回のセッションで、開始に当たって動機や目標などに関して、テラピストと情報交換を行います。患者さんの今おかれた状況や問題点、過去の出来事や家族環境など広い範囲にわたる情報を分かち合い、その中からその患者さんにとって要となりうるテーマを絞って行きます。

   セッションは会話式カウンセリングとともに、横になった状態あるいはリラックスした状態での身体との対話により構成されています。その際にBRCテクニックを活用します。

  BRCにより身体から得られることばを施行者 (テラピスト) により伝えられ、少しずつ身体の深層 (細胞の領域) に意識を沈ませて行きます。この過程は完全に覚醒状態で行われます。体感覚に自然に意識を向けて行き、理性的な理解によってではなく、体感覚によって封印された細胞の記憶を再体験(体感)して行くことになります。

  身体との対話は、意識の深い部分において行われるため、身体が情報をプロセスする時間を要します。そのため、セッションの間隔は3週間〜1ヶ月以上あけることを原則としております。     

  何回のセッションを要するかは、患者さん自身の自由意志、さらに身体と意識の状態によって個人差があります。また患者さん自身の責任意識を尊重しております。つまり、過去に関する情報収集や、生体年表の書き込みなど、ご自身の人生に対する積極的姿勢が要求されます。これは初回に限らず、回を重ねるたびに重要となってきます。可能な限りご協力をお願いいたします。

一回のセッションの所要時間は60分から90

セッション料は70ユーロ、パリ市内15区(Metro  Convention 12番線)にて承っております。