細胞の記憶メソッド

La méthode en Mémoire Cellulaire

20世紀前半にフランス人画家であり数学者のMirra Alfassa女史、とインド人哲学者および政治活動家のSri Auborindo氏により提唱された細胞の記憶 (Mémoire Cellulaire) の概念をもと1970年代にフランス人Myriam Brousse 女史により開発されたメソッドです。

反復して課される逆境や葛藤、苦しみのおおもととなる、細胞の奥深くに封印された記憶(mémoireを見つけ、紐とき、受容することを経て最終的には解放することを目的としたメソッドです。理性的な分析による理解の届かない、細胞の深層での情報、これが細胞の記憶(Mémoire Cellulaire)なのです。