細胞の記憶メソッド(La Méthode en Mémoire Cellulaire)

完全に癒したいのであれば、身体の思い出を癒すことです。

Mira Alfassa

 

私たちの人生の中で、つらい経験や苦しい思いはいったいどうして、どこから来るのでしょう?いったい私たちは何者で、何のために生きているのでしょう?

考えたり分析したり、いろいろな治療を経ても楽にならない、納得のいく答えを得ることは難しい。。。そのように感じることはないですか?

 

   その答えを知る鍵は、わたしたちの身体(細胞)にあります。

細胞の記憶メソッドでは、身体の奥深くに存在する記憶つまり思い出を解読します。

細胞たちが語ってくれるものがたりに耳を傾けて、日々起こる事象の意味やおおもとの原因を少しづつ紐解いていきます。

苦しみの原因にたどり着き、身体に宿る思い出を解放させていくことをめざしています。

 

身体の奥深く、細胞たちとの会話をして行く過程で、私たちは自分自身にねむる本来のエッセンスを垣間見て行くこととなります。

身体の中には、あたまによる情報をはるかに超えた情報量がねむっていて

細胞の最深層には、まるで飛行機のブラックボックスのように、自己に関する全ての情報を記録し、刻んであるのです。

 

 苦しみの意味を知ること、それはすなわち本来の自分との出会いでもあるのです。